学校の日々を伝える
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月9日(金) 3年生 社会科見学(多摩市内)
2006年06月11日 (日) | 編集 |

雨の一日。

3年生の社会科見学は、永山第一給食センター、多摩ニュータウン市場、パルテノン多摩展示場、ベネッセコーポレーション展望台、そして車窓見学で、いろは坂、桜ヶ丘駅周辺、市役所を巡って学校に戻るコースでした。

20060611213252.jpg 20060611213330.jpg 20060611213433.jpg

 3年生は 今回も雨に…

 給食センターの 大釜

市場でダンボールを調べる


20060611213309.jpg 20060611213341.jpg 20060611213355.jpg
給食センターの窓から調理の様子を見学した おとうふを切る調理員さん 栄養士さんから給食ができるまでを説明していただく
20060611213410.jpg 20060611213422.jpg 20060611213443.jpg
  3色の栄養素の学習  何の野菜? 産地は?  外国からの果物もありました

 グループごとに、広い市場の中を歩いて、ダンボール箱の表示から どんな野菜、果物がどこから送られてきているのか調べます。真剣そのもの、一生懸命に調べる様子に感心させられました。

でも、英語は読めないよね。先生たちに「何て書いてあるの?」と聞いていました。

メキシコ産のマンゴーもありました。 

20060611213506.jpg
20060611215542.jpg
20060611213535.jpg

脱いだ靴をそろえるのは…

パルテノン多摩の前で

 常設展示 多摩の歴史
20060611213545.jpg 20060611213526.jpg 20060611213555.jpg
 ベネッセからの眺望360度   聖ヶ丘小学校は見えるかな プラネタリウム会場で多摩市を紹介するビデオを見る

■給食センターでは靴を脱いだのですが、きちんとそろえる子、先生に言われていたのに脱ぎ散らかす子、いろいろです。

家庭でマナーをちゃんと躾け(しつけ)られている子は、やっぱりこういうときに自然にできてしまいます。

■ところで、ベネッセの前では、やんちゃな男の子を叱って泣かせてしまいました。

担任が見ていないところで、ふざけ気分でわざわざ水たまりに入って、靴をずぶぬれにしてしまったのです。たまたま、私が近くで見ていました。自分がぬれて足が冷たくなるだけなら別にかまわないのですが…

T 「何で、叱られたか わかる?」
C 「水たまりに入って、靴をぬらしたから…」
T 「その靴で、これから どこに 行くのですか?」
C 「ベネッセ…」
T 「それから?帰るときは何かに乗りますね」
C 「バスに乗ります…」
T 「君のぬれた靴で、ベネッセやバスの床はどうなりますか?」
C 「ぬれる…」 とそっぽを向いて答えます。
T 「誰が、びしょびしょにぬれた床をふくのですか?君が拭くのですか?ちゃんと、私の目を見て答えなさい」

このあたりから、涙がこぼれてきました。
私は、こうした場合、徹底的に詰めきります。こんなときは担任に後を任せて校長はあまり出ない方が良いのかもしれません。しかし、これは私の性分なのです。

「あとさきを考えて行動できる力」を育てたいという強烈な思いがあるからです。

先日、走っている電車の窓から電車の屋根に登って、滑り落ち、生命を落とした高校生に関する報道がありました。アクション映画のスターのつもりなのでしょうか、高校生でもこの判断力です。

小学生のうちから、衝動的に動くのでなく、結果を予測して行動する想像力と判断力を身につけさせたいと思うのです。

■学校に3時20分到着。戻ると、人事考課制度の自己申告書に基づく教員3名との面談を行いました。3時40分から1人当たり20~30分の面談です。目標を抽象的でなく具体的に記述するようにとアドバイスしました。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。