学校の日々を伝える
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

割れ窓理論
2008年03月28日 (金) | 編集 |
◆ 割れ窓理論=荒れた環境を放置しておくと、犯罪が起きやすく
   環境を美しく整えることで犯罪を減らすことが出来る…という考え方

美しい場、楽しげな場、穏やかな場は、荒廃とは無縁である。場を整えることは、子供や教師の心をも整えることになる。(山之内義一郎元新潟県小学校校長)

聖ヶ丘小学校も創立24年を経過し、あちらこちらが痛んできていました。
特に気になっていたのは教室や廊下の掲示板です。
普段は掲示物で破れを隠しているのですが、掲示物がなくなる春休みは、下の写真の通りです。

kabe1.jpgkabe5.jpg
kabe6.jpgkabe7.jpg

  
特に4階はひどい状態でした。

昨年度に修繕を考えたのですが、修繕費が底をついてしまい、補修できませんでした。

今年度は、金管楽器や窓の修繕があまりなかったため、
掲示板の修繕を業者に依頼することが出来ました。

3月26日に一気に24枚の掲示板を補修しました。
(6-1、6-2、特活室、児童会室、学習室、算数教室、会議室、理科室前廊下)

これで、掲示板が破れているところはなくなりました。

kabe10.jpgkabe16.jpg
業者3人で、午前中でやり終えました。きれいになった廊下の掲示板


この春休み中に廊下の壁面のペンキも補塗装する予定です。

kabe17.jpgkabe18.jpg廊下壁面の足跡、手垢
 (わかりやすくするため、コントラストの画像処理をしてあります)

6年生の教室の扉の開閉が重くなっているのは、戸車の摩耗のためです。
これも2ヶ所のみ年度内予算で修理します。

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。