学校の日々を伝える
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新学期2日目は…嵐
2008年04月08日 (火) | 編集 |

◆ 強風で横殴りの雨が一日中続きました。

新1年生にとっては、2日目から試練でした。

1nenseiosewa1.jpg1nenseiosewa2.jpg
登校したら傘をすぼめて巻いて、ヒモで止めます貸してごらん、こうやるのですよ。自分でやってみようね。
1nenseiosewa3.jpg1nenseiosewa4.jpg
お姉さんも教えてくれましたいい?よく見ててね。こうやって。
1nenseiosewa5.jpg1nenseiosewa6.jpg
教室に行くと6年生がお世話をしてくれましたさあ、みんないいですか。話を聞くときは先生の方をしっかりみてね。
1nenseiosewa7.jpg1nenseiosewa8.jpg
これから帰ります。リボンの色ごとにまとまってかえりますよ。赤リボンの子は先生のところに来てください。
1nenseiosewa9.jpg1nenseiosewa10.jpg
担任が途中まで送っていきました。お母さんもお迎えに来てくださいました。12時過ぎには他の学年もまとまって下校しました。
1nenseiosewa11.jpg1nenseiosewa12.jpg
12時半には新中1が卒業式の写真を受け取りにきました。中学校の制服姿で、ちょっぴり頼もしくなりました。

◆ 続き に 中学校入学式での祝辞を掲載しました。



中学校入学式祝辞                                平成20年4月8日

新入生のみなさん、保護者の皆様、聖ヶ丘中学校へのご入学おめでとうございます。

生徒の皆さんはもとより、保護者の皆様のお喜びも、ひとしおのことと存じます。心よりお祝い申し上げます。

連光寺小学校、聖ヶ丘小学校をはじめ、新入生のみなさんの出身の小学校の教職員を代表して、お祝いの言葉を述べさせていただきます。

今日から皆さんは中学生です。皆さんは、今、中学生になったという喜びにあふれていることと思います。

中学校は小学校時代とはいろいろ違うところもあると思いますが、私は中学生になって一番大きく変わってくることは、自分で考えて、自分で決める、そして自分で行動することが増えてくることだと思います。

それは自由が広がると言い換えることも出来るでしょう。

そこでは当然自分で決めて、行動することへの自分の責任も伴って増えてきます。

学習も自分で決めて計画的に進めなくてはなりませんし、放課後をどういうふうに過ごすかも、皆さんが自分で選ぶようになってきます。

周囲の人が好ましくない行動をしていたとしても、それに流されず、引きずられずに自分で考え、しっかりした自分の判断で行動しなくてはなりません。

例えば、授業中に先生が話していたら、勝手なおしゃべりをせずにきちんと話を聞くということも、しっかりした自分をもっていなくてはなりません。

正しい判断に従って行動すること、そのためには良いこと、悪いことを判断できる感性が求められてくるのです。

自分で決められるということ・・・それはとても嬉しいことなのですが、迷うことも多くなりますし、自分で決めたことをやり抜く、意志の強さも試されてきます。

私たち大人は、自立していく皆さんを頼もしく思いつつも、手を放れていく皆さんに対し、ちょっぴり寂しさも感じています。

でも少し距離を置いて、温かい目で見守っていますから、困ったときにはいつでも相談してください。

保護者の皆さんも、中学校の先生方も、きっと親身になってアドバイスを送ってくれることと思います。

みなさんの可能性は無限です。それは、自分の夢実現の可能性であり、人に喜びを与える可能性であり、みんなと何かをやり遂げることのできる可能性です。

どうか、新入生のみなさん。自分の心の中の誘惑に負けないで、自分の心に潜む弱い心にうち勝って、強い意志で前進していってください。

そして、素晴らしい聖ヶ丘中学校の伝統を皆さん自身で築いていってほしいと思います。


聖ヶ丘中学校の教職員の皆様、そして上級生の皆さん。新入生を、どうぞよろしくお願いいたします。

以上で、私の祝辞とさせていただきます。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。