学校の日々を伝える
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子ども写真教室(4年生)
2009年03月12日 (木) | 編集 |

◆ 写真家協会の方をゲストティーチャーにお迎えしての写真教室。今日は品評会でした。

インスタントカメラを一機(27枚撮り)、子どもに渡して自由に撮影してもらい、

1人27枚撮った中から、写真家協会の方がこれはと思う作品を1人に2枚ずつ大きく引き延ばしてくださいました。

子どもの撮った写真と言っても馬鹿に出来ません。子どもたちのするどい感性に驚かされました。

子どもたちは、そのままでアーティストですね

2009_03_12_006.jpg 2009_03_12_001.jpg 
写真を並べて鑑賞会私の好きな一枚の写真。自分でどこが気に入ったのか発表しました。
 2009_03_12_007.jpg2009_03_12_004.jpg 
普段見慣れた場所でも、近づくと…なんか神秘的な感じですね
2009_03_12_003.jpg 2009_03_12_002.jpg 
いつも見慣れたものでも、被写体に春の校舎
2009_03_12_015.jpg 2009_03_12_014.jpg 
青い空と梅 季節感がありますね木も見上げて撮ると…
2009_03_12_012.jpg 2009_03_12_013.jpg 
これは担任の先生のアイデア:手の上の小人斜めのアングルが面白い
2009_03_12_011.jpg 2009_03_12_009.jpg 
豆まきのお面をかぶった子を撮しました 梅と空が校舎のガラスにも映っています
 2009_03_12_008.jpg  2009_03_12_005.jpg
このアングルが面白いですね 蛇口から水が出る瞬間をとらえました

どの写真も、指導者がアドバイスをほとんどせずに、子どもたちが自分が撮りたいと思ったものを自由に撮った作品です。


児童の感想文から

○ 写真は好きです。そのわけは、止まっているからです。ビデオカメラだと動いていてよくわかる。だけど止まっていないので一瞬で終わってしまいます。止まっているということは、時が止まっているということだからです。
いつもはなかなかお母さんが撮らせてくれなかったけれど、この活動で撮ることができてうれしかった。

○写真は不思議だなあと思いました。みんなが撮った写真で性格がすごく表れるからです。

○写真には撮った人の思いが込められていることがわかった。やっぱり写真は楽しい。

○写真には伝えたいことがあることがわかった。写真にはそんな力があるんだと思った。
将来(の夢)はいっぱいあります。でも、カメラマンにもなろうと思っています。

○一枚の紙のようなものに、とてもきれいなものが写し出されるなんてすごいと思います。

○みんな写真の撮り方がうまい。自分で撮ってみて自分はこんな才能があるんだなと思いました。

○みんな自分の個性が写真に出ていて面白かった。水道の水を撮ったりする発想が面白い。また、やりたいな。

○写真は大好き、一生の思い出に残るし、撮るときのシャッターを押すときの音も好き。

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。